医療

医療事務について ―患者さんと最初に出会う顔として―

医療の現場では、医師、看護師といった馴染みのある専門家の他にも、様々な職業の人が関わりあいながら患者さんを支えています。その中で、患者さんが最初に出会う「受付業務」や診療後の会計をするための「算定業務」、また、健康保険等の保険分を請求する「レセプト業務」といった、病院の顔となり、運営について欠かせない業務などを行うのが医療事務と呼ばれるお仕事です。
 
これらの業務のほかにも、カルテ庫においてのカルテ整理や、医師のそばで診療がスムーズにいくように事務的な作業をする仕事も広い意味では医療事務の仕事といえます。
そういう点では、医療事務の仕事は無限にあるといってもいいでしょう。

医療事務として働くには ―募集情報と資格について―

医療事務として働くには、ハローワークや各種リクルート広告、医療機関のホームページ等に募集情報が掲載されています。当社のホームページにも求人情報が検索できるページがあるので、ぜひご活用下さい。
 
医療事務として働くために特別な資格は必要ありません。多くの先輩達が未経験からはじめて、今ではその医療機関に欠かせない人になっています。
 
一方で専門学校や民間の養成機関などで、通学や通信教育を開催し資格の認定等を行っています。
これは、医療事務がそれだけ高度な専門知識と患者さんへの対応の習得が重要となっているからです。
未経験から現場に飛び込むか、基礎知識をじっくりと身につけてからチャレンジするか、セラムでは就業後のキャリアアップ応援のために資格取得制度も整備していますので、資格がないからと応募を諦めないで下さい。